MENU
ゲームレビュー

『トップウォー』やや辛口レビュー 広告で良く見るけど本当に面白いのか?

よく動画広告で見かける『トップウォー』。これだけ動画広告が流れると本当に面白いのか気になりませんか? 動画広告とゲームの内容が違う作品もあります。

兵士をくっつけて強くする、床をくっつけて領地を広くする。そんな内容に間違いはないのか。そして『トップウォー』自体は、面白い作品なのか。

そこで今回は、『トップウォー』が本当に面白いのかどうか遊んでみた感想をご紹介したいと思います。

トップウォー

トップウォー

Topwar Studio無料posted withアプリーチ

兵士をマージして強くするのは本当


『トップウォー』の動画広告にも良く流れていた、兵士をくっつけて(マージ)強くするシステムは本当です。同じ種類の兵士と兵士をくっつけて上位のものを生み出します。兵士を生産する施設を建てて、大量に生産してくっつけて。進化すると装甲車や戦車にまで進化します。

また、兵士を生産する施設を建設して、くっつけるとこちらもレベルアップ。より上の兵士を生産できるので、兵士の強化が楽になります。素材を集めて研究所などレベルアップすると兵士の上位種が解放されていくので、素材を集めてガンガンくっつけましょう。

気付くと本拠地が今生み出せる最大兵種になっています。連打で兵士を生み出してひたすらマージしているのは、正直に楽しかったです。少し進めると一括でマージもしてくれるのでダレることはないでしょう。

スポンサーリンク

領地をくっつけるのは嘘


『トップウォー』の動画広告で、パズルのピースのように地面を吸収するものがあります。そんなシステムはありません。本作は、戦略ストラテジーゲームで、自分の本拠地とワールドマップが存在し、そこに無数のプレイヤーが存在する作品です。

そのため敵対すると、襲われる危険性があるでしょう。といっても初心者を襲ってもしょうがないですし、最初は悠々自適に遊べます。また、同盟(ギルド)に入ると、同盟本拠地に近い場所に自分の拠点を移せます。

同盟の本拠地には、他のメンバーが密集しているので襲われることはそうそう無いでしょう。襲われるということは大戦争が始まるということです。そんなことはありませんでしたが。

ワールドマップには、NPCの敵と人々の拠点がひしめき合っているので、ややごちゃっています。遊んでいるプレイヤーが多いのでそうなっているのでしょう。自分の拠点がめっちゃ強くなったらバトルに参加してみるのも本作の楽しい部分でしょう。

育てた兵士でバトル


『トップウォー』は、くっつけて育成した兵士でバトルが楽しめます。序盤は自分の拠点を広げるために敵と戦い、領地を広げていきます。兵士をマージしていけばそうそう負けることはありません。個人的にはこのバトルがツボでした。

というのもちまちまとしたユニットが砲撃し合いながらバトルを繰り広げます。フルオートのターン制バトルで、交互に砲撃を繰り返しながらどちらかが全滅するまで続きます。今からすると少しレトロな感じがするバトルですが、地味ながら見守るのが楽しいものでした。

負けてしまえば研究所を強化し、より強い兵種へマージできるように上限解放しましょう。戦車や装甲車が本拠地に大量に並ぶと壮観です。もはやゲーム性とか無視して、どんな戦車が出るのか気になって遊んでいました。ワールドマップのNPCを撃破し、素材をガッツリ集めて、拠点をもりもり進化させましょう。そうしたら同盟の勧誘が飛んできた。

『トップウォー』の面白いポイントとつまらないポイント


『トップウォー』は、兵士をマージするシステムが魅力の作品です。

また戦略ストラテジーのなかでも初心者向けな仕様がおすすめと言えるでしょう。

そんな『トップウォー』の面白いポイントとつまらないポイントをご紹介します。

『トップウォー』の面白いポイント

『トップウォー』の面白いポイントは、兵士をマージするシステムと遊びやすさでしょう。

兵士をマージする、最大になったら本拠地をレベルアップする、そのための素材はアンテナで敵を探して撃破する。誰も迷うことがありません。

何をしたらいいかわからない…。となりがちな戦略ストラテジーのなかでは抜群に遊びやすい作品でしょう。

『トップウォー』のつまらないポイント

『トップウォー』のつまらないポイントは、ワールドマップのごちゃごちゃでしょうか。

どれが味方でどれが敵かよくわからず、NPCの敵のなかには攻撃できないものもいます。

戦略ストラテジーのワールドマップで、これだけ密集しているのは珍しいのではないでしょうか。

意外と面白い戦略シミュレーション


『トップウォー』の感想は、簡単に言えば意外と面白い作品でした。

兵士をくっつけて強化するのは本当でしたし、その兵士がちまちまとターン制で戦うバトルも見守りたくなります。

戦略シミュレーションゲームは、苦手な人が多いジャンルですし、何をしたらいいかわからなくなる人も多いでしょう。

しかし本作は、そんな部分を感じさせない作品ではあったので、興味が出た人は一度遊んでひたすらマージ沼にハマってみると良いでしょう。

トップウォー

トップウォー

Topwar Studio無料posted withアプリーチ

ABOUT ME
ヨータロー
GameFoliage(ゲームフォリッジ)管理人のヨータローです。 年間200タイトル以上を遊ぶ雑食ゲーマー。 何でも遊ぶぞ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA