その他

ゲーム疲れにおすすめの1000円以下で購入できる目薬を紹介!

ゲームと目の疲れは切っても切れないもの。

長時間テレビやPCのモニタと向き合っているうちに目がショボショボしてきたり、画面が霞んで見えはじめたあたりで、ちょっと休憩される方も多いのではないでしょうか。

伸びをしたりストレッチをするほかに、目のケアもしてあげるともしかしたらゲームの成績もよくなるかも…しれません!

ゲーマーの現役登録販売者が気軽に使える目薬をご紹介します!

選ぶうえで気を付けたのはこの二点

・1,000円以下で買えること。
値段は高ければ高いほど有効成分の種類も配合量も増えます。イイに決まってます。

でも、効き目が良くて値段が抑えられている商品も結構あるんですよ。

できれば1,000円札1枚で目薬とジュース、おやつも買って帰りたいじゃないですか!

・多くのドラッグストアで取り扱いがある。
これが大事です!最近発売されたもので、プライベートブランド(企業限定品)ではないもの。

ふらっと立ち寄った先でサクッと買えるのも大きなポイントです。

目薬の棚の前で少し悩んで選んだのはコレ!

スポンサーリンク

サンテPCの利点

2013年7月発売。普段使いも家庭の常備薬としても使える万能タイプです。

一般的な処方の目薬に、栄養補給とダメージケアを目的に、ビタミンB6・ビタミンB12の配合量をアップ。

角膜保護成分のコンドロイチン硫酸エステルナトリウムを追加しています。

そのため目がかゆい時や充血にも十分に対応でき、ご家庭の常備薬としても十二分に使える万能タイプになっています。

目の疲れ
ダメージケア
目のかすみ
目の充血
目のかゆみ
目の乾燥

ロートデジアイの利点

2014年7月発売。初音ミクとコラボしたパッケージが話題になりました。

大きな特長はダメージの回復を促進する活性型ビタミンB2が配合されていること。

サンテPCが万能タイプなら、ロートデジアイは疲れに特化したタイプといえるでしょう。

目の栄養補給をするタウリンと、組織呼吸を高めて目の疲れを取りやすくするL-アスパラギン酸カリウムがそれぞれ1%とかなり多く配合されています。

かゆみや炎症、充血を抑える成分がナファゾリン塩酸塩しか配合されていないので、目のかゆみへの対応はちょっと苦手になっています。

目の疲れ
ダメージケア
目のかすみ
目の充血
目のかゆみ
目の乾燥

2つの目薬の違いと成分比較表

スマホやPCを触る人、ブルーライトなどの光線によるダメージケアをメインに売り出している二種類をご紹介しました。

どちらも非常に良い商品です。目の疲れ以外にも、かゆみや乾燥が気になる方はサンテPC。

目のかゆみや乾燥があまり気にならない方、目の疲れを強く感じる方はロートデジアイ。

簡単ですがご購入時の参考になれば幸いです。

あるいは2個買っておいて、状況に応じて使い分けるのもアリです。

あ!2個買ったら予算オーバーしちゃいますね…。

目の異常・違和感を覚えた場合は早めに眼科の受診を

最後になりますが、長期間にわたって目の疲れが改善されなかったり、目の異常・違和感を覚えた場合はそのまま放置せず、早めに眼科の受診をしましょう!

「目は口ほどに物をいう」とはよく言ったもので、感情以外にも体調不良や病気のサインが目に表れることが多いです。

現在眼科で治療を受けている方、目薬を処方されている方は治療が第一優先。

購入される前に、必ずかかりつけの先生に相談しましょう!

こまめに休憩、気になった時に目薬を使って楽しいゲームライフを!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です