PS4

【RDR2】毒矢・小動物用の矢の作り方 レシピ(パンフレット)の入手場所

「レッド・デッド・リデンプション2(RDR2)」で、狩りをしていると毒矢や小動物用の矢が必要となります。

しかし街では通常の矢しか売っていないのでどうやって入手するんだろう?と困る方も多いはず。

毒矢や小動物の矢、強化矢などの弓で使える矢は、実は製作が可能です。

また製作するにもレシピ(パンフレット)を入手する必要があります。

今回は毒矢や小動物用の矢の作り方やレシピ(パンフレット)の入手場所を一挙にご紹介します。

さまざまな矢を手に入れるには?


アイテムを作成は、キャンプで行なえます。

ストーリーをガンガン進めている人は、あまりキャンプをしないと思うので見逃していた私のような人も多いのでは?

キャンプ中にアイテムパレットを開き、作成ツールを選ぶことでさまざまなアイテムが作成可能になります。

火矢や改良矢、小動物用の矢など、素材を集めて作っておきましょう。

材料には当たり前ですが通常の矢を必要とするので、作る前に店で買い足して用意しておくことをオススメします。

ただいくつかのアイテムはロックされており、作ることができません。

アイテムにはレシピを必要とするものがあるので、パンフレットで作り方を知る必要があります。

スポンサーリンク

レシピ・パンフレットの入手場所


アイテムを作るためのレシピが記されているパンフレットは、エメラルド牧場のシェイマス(盗品商)から購入できます。

ストーリーを進めると馬車泥棒のミッションで必ず合うことになる人物です。

盗品商では、毒矢を始めダイナマイト矢だけではなく、回復アイテムなどのパンフレットも販売しています。

また強盗に使えるさまざまなマスクも売っているので気になるものがあれば購入して装備してみましょう。

パンフレットの値段は高めなので、まずは狩猟に必要な毒矢のパンフレットを購入しておきましょう。

パンフレットは買っただけではなく、アイテム一覧から使用し、内容を読むことで生産が可能になります。

買ったのに作れない!とならないようにパンフレットを購入したら読みましょう。

フィールドで素材を集めておこう

毒矢を作成するためにはオレアンダーセージが必要となります。

フィールドを散策しているときや狩りをしているときに見つけたら入手するとあとで困りません。

風切羽は、鳥から手に入るので定期的に狩っておくとよいでしょう。

さまざまな素材を集めて、キャンプで作成ツールを使用し、毒矢や小動物用の矢で狩快適に狩りライフを楽しみましょう。

あわせて読みたい
【RDR2】オレアンダーセージの入手方法 ゴボウとワイルドミントの採取場所「レッド・デッド・リデンプション2(RDR2)」で、毒矢を作るのに必要なオレアンダーセージ。 いざ必要になると持っていませんし、ど...
ABOUT ME
ヨータロー
ヨータロー
GameFoliage(ゲームフォリッジ)編集長のヨータローです。 面白そうなものは全て遊ぶ雑食ゲーマー。 RPGとpixel art(ドット絵)が大好きなおじさんだよ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です