夏休みはニンテンドースイッチで遊ぼう!
ゲームレビュー

「僕の釣り物語」感想・レビュー Ver2に生まれ変わった本格フィッシングゲーム

みなさんは釣りゲー好きですか?

私は海のぬし釣り川のぬし釣り糸井重里のバス釣りNo.1といった昔の釣りゲー以来ノータッチでした。

今回遊んでみた「僕の釣り物語(僕釣り)」は、スマートフォンで遊べる高品質な釣りゲーです。

片手で楽しめるフィッシングバトル、キャラクターの着せ替え要素から料理まで楽しめるという欲張りっぷり。

スマホで釣りゲームを遊ぼうという発想はあまりないと思うのでご紹介します。

簡単に可愛いキャラが作れるカスタマイズ要素


本作では釣りステージへ向かうと、他のプレイヤーキャラが表示されます。

個性的な衣装に身を包む人も多く、カスタマイズ要素も本作の魅力

最初からでも多くのパーツで自分だけのキャラクターが作成できます。

他の衣装は、定期的に開催されるイベントをクリアしていくともらえるのも嬉しいポイント。

ゲームをやり込んで様々な衣装を手に入れ、自分だけのキャラクターを構築しましょう。

スポンサーリンク

片手で操作可能!熱いフィッシングバトル


本作の魅力は、なんといってもフィッシングバトル。

片手で遊べるのに白熱したバトルが楽しめます。

基本は、画面真ん中に表示されているボタンをタップし、魚を引き寄せていくだけ。

ここに様々な要素を加えていることで、より深みのあるバトルになっています。

指を左右スライドさせ、魚を中央に表示されている円にうまく入れることで、より引き寄せられるように。

これが中々面白く、手強い魚とのバトルを熱中させてくれます。

また一度でバトルが終わるわけではなく、全てのウェーブをクリアする必要があります。

ここでめんどくさいなぁと思われるかもしれませんが、必殺技的なシステムをうまく使うことでウェーブが苦になりません。

そのシステムが画面右上の黄色いゲージが満タンになると使用できる電気ショック

よくテレビでマグロ漁を特集している時によく見るあれです。

電気ショックを使用すると一気に引き寄せられるので、バトルがラクになります。

ゲージもすぐに溜まるのでガンガン使用できるのが気持ちよくバトルを飽きずに楽しめます。

電気ショックは、リールを上にフリックすると即発動可能。

リールを巻く、竿を傾ける、電気ショックを使用するといった操作が片手でできるのは本当にありがたい仕様です。

ぬしを釣るために能力の向上や釣具の強化も必要


ステージに存在する全ての魚を釣り上げると、ぬしに挑戦できます。

ぬしは手強く、すぐに糸切られて敗北してしまうことも・・・。

そこで重要になってくるのがプレイヤーのステータス上げや釣具の強化です。

強化できるのは遠投巻上の2種でどちらも大事な能力となってきます。

ぬしを釣り上げられない!という人はまずステータスを特訓であげちゃいましょう。

次に重要なのが釣具の強化。

ロッドやルアーなど強化することで、ぬしをより簡単に釣り上げられるようになります。

強化には魚を釣って手に入る素材を集めなければいけませんが、楽しんでいるうちに集まっていくはず。

全て強化してぬしに挑みましょう!

釣った魚で料理を作れる!


釣った魚を見ていると、おいしそうだなぁと思いませんか?

本作には嬉しいことに料理が可能です。

料理が解放されるのは、プレイヤーのレベルが10になってからですが、すぐに上がります。

ブリ大根キスの天ぷらなど、見ているだけでお腹が空いてしまうものがちらほら。

作ると食べられるわけではなく、販売してコインを得ることが可能です。

和食屋のレベルを上げると、作れるレシピも増えるので様々な魚を釣り上げて料理してしまいましょう。

様々な要素でやり込める釣りゲー

最近、釣りゲーというものをめっきり遊んでいませんでした。

しかし「僕の釣り物語(僕釣り)」は、片手でさくさくと遊べますし、面白い要素が多数あるので釣りゲーの楽しさを再確認させてくれます。

ステージを先に進めていろんな魚を釣ってぬしに挑む、料理にしてお金を貯めて街を発展させるなど飽きずに遊べます。

実際に釣りをやったことがなくても楽しめる良ゲーです。

僕の釣り物語
僕の釣り物語
開発元:BTD STUDIO Co.,Ltd.
無料
posted withアプリーチ
ABOUT ME
ヨータロー
ヨータロー
GameFoliage(ゲームフォリッジ)編集長のヨータローです。 面白そうなものは全て遊ぶ雑食ゲーマー。 RPGとpixel art(ドット絵)が大好きなおじさんだよ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です