Nintendo Switch

【Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)】キット2種の内容 ダンボールなのに高い?

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)の新しい遊びとして突如発表された「Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)」

組み立てたダンボールに本体やジョイコンをセットすることで、さまざまな遊び方ができる画期的なゲームです。

ただダンボールということで、値段が高いのでは? との声も。

しかし考えてみるとダンボールならではの良さもあります。

初公開映像を見て思ったことをつらつらと書いてみました。

ニンテンドーラボのキットは2種類


ニンテンドーラボの発売日は、2018年4月20日(金)となっています。

発売されるキットは、「VARIETY KIT(バラエティキット)」「ROBOT KIT(ロボットキット)」の2種類です。

種類より封入されているキットやゲームが違うもので、以下のような内容になっています。

同時に2つのキットが発売されるということで、どちらを買うか迷ってしまいそうですね。

内容は以下の通りです。

VARIETY KIT(バラエティキット)の内容

VARIETY KIT(バラエティキット)の内容は、初公開映像の最初に登場したピアノなど、5種類のキットが封入されています。

HD振動を使ったリモコンカーやつり、バイクなど様々なキットを組み立てて遊べます。

1つのパッケージで様々な遊びができる、名前通りバラエティに富んだパッケージとなっています。

価格は6,980円(税抜)となります。

  • リモコンカー
  • つり
  • おうち
  • バイク
  • ピアノ
  • ROBOT KIT(ロボットキット)の内容

    ROBOT KIT(ロボットキット)は、ロボットを操作するコントローラーを組み立てるキットが封入されています。

    初公開映像を見ると右手を突き出すことでパンチを繰り出していました。

    自分でオリジナルの装甲を作ってフルアーマー化する人がでてきそうですね。

    価格は、バラエティキットより少し高い7,980円(税抜)です。

    スポンサーリンク

    ニンテンドーラボは高い?

    引用元:https://www.nintendo.co.jp/labo/index.html

    ニンテンドーラボのキットは、ダンボール製のため高いのでは?という声を良く聞きます。

    ダンボールと考えると、そう感じますが組み立てられるのであれば別だと思います。

    プラモデルのようにダンボールシートから切り離し、説明書を見て組み立てる。

    ゲームを遊ぶ以外にも楽しめるというのは格別の遊びではないでしょうか?

    またダンボール製のため、壊れたりするとすぐ補強できそうなのも良いポイントです。

    amazonのダンボールなど余っているもので、補強したり改造したりするのはとても楽しくなるはず。

    親子でマリオカートやスプラトゥーン2を遊ぶのは難しいなぁという家庭でも、これなら一緒に組み立てて遊ぶことができます。

    広い目で見た時にこの値段は、高いとは言えないはず。

    発売したら真っ先にロボットキットを購入したいと思います。

    ©2018 Nintendo

    ABOUT ME
    ヨータロー
    ヨータロー
    GameFoliage(ゲームフォリッジ)編集長のヨータローです。 面白そうなものは全て遊ぶ雑食ゲーマー。 RPGとpixel art(ドット絵)が大好きなおじさんだよ。

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です