LINE@始めました!
ゲームレビュー

「オルターレコードアジャストメント」感想・レビュー システムは良いものの問題点が多いゲーム

オルターレコードアジャストメントは、美少女となった歴史や物語に登場する人物を戦わせるシミュレーションRPG。

戦闘はファイアーエムブレムやファーランドサーガといったものに近く、必殺技や奥義など独自の要素も搭載しています。

ただはっきり言ってしまうと、ダメダメなゲームです。

全体的に動作がもっさりしている、ガチャの内容が微妙、文字が小さいなどテストプレイしたのかな?といった感じ。

今回は辛口な感想・レビューとなりますので、ご了承ください。

辛口なので気分を悪くされる恐れがあります。

ストーリーがちょっと・・・


プレイヤーによってゲームで重視する部分は違います。

筆者はゲームのストーリーは、しっかりと読む方なのですが、本作は結構きつい。

なんというか読んでいて辛くなるストーリーです。

スマホゲームには珍しく、プレイヤーがガンガン喋りますが、なんか微妙。

ナビゲーターであるBegfriffとのやり取りがきついので、読んでいられませんでした。

スポンサーリンク

フォントの小ささやメニューがごちゃごちゃしている

画像で見るとそこまででは無いもののスマホでみるととても文字が小さい

本作はフォントやメニュー画面が小さいので、おじさんゲーマーにはつらい。

メインメニューは、まだ良いのですがクエスト選択画面がごちゃごちゃしすぎです。

クエスト画面では、何処をタップしていいのか分からず戸惑いました。

もう少しフォントを大きくする、空白や色分けでUI全体をわかりやすくするとかあったんじゃないかな。

ゲーム全体がもっさりとしている


メインメニューの移動ももっさりとしているものの1番気になったのは戦闘。

キャラクターを移動させて、敵に攻撃をしかけるとバトルが始まります。

ただこのバトルが何かちょっともっさりしてます。

開始時と終了時にワンテンポ遅れているので、何度も繰り返すとストレスとなります。

せっかくの良いキャラクターを使用したシミュレーションRPGなのにこれでは台無し。

システム面は良いのですが、ここは早急に直すべきだと思いました。

闇を感じるガチャ

カケラの確率が一番高いため期待値が低い

ガチャは少し特殊です。キャラクターと武器が封入されているゲームはよくあります。

本作では、集めることでキャラクターになるカケラが封入されているのです。

キャラクターと武器、キャラクターとカケラというガチャは、良くありますが3つも種類があると正直げんなり。

またカケラの排出率が一番高いので、ガチャを引きたいとはまったく思いません

カケラを集めるクエストがあるのは良いのですが、ガチャに入れる必要はあったのか?と考えてしまいます。

修正アップデート後からが本番のゲーム

「オルターレコードアジャストメント」の公式ツイッターを見たところ修正の予定が発表されています。

正直な話、ゲームを遊んで入ればフォントの小ささやUIの微妙さはわかるはず。

テストプレイをちゃんとしたのかなぁと不思議に思うゲームでした。

個人や少人数政制作で素晴らしいゲームを作る人たちが多いなか、このゲームは本当に残念でなりませんでした。

アップデートに期待します。

ABOUT ME
ヨータロー
ヨータロー
GameFoliage(ゲームフォリッジ)編集長のヨータローです。 面白そうなものは全て遊ぶ雑食ゲーマー。 RPGとpixel art(ドット絵)が大好きなおじさんだよ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です