ゲームレビュー

暇つぶしに良いアプリ「プラトモ」レビュー ちょっとした攻略も紹介

「プラトモ」は家具や食べ物、オブジェなどのプラモデルを作り、1つの家を完成させるゲームアプリです。

ランナーから1つ1つのパーツを取り外して、地味に作っていく作業は実際にプラモデルを作っているようで、ハマります。

また無料で遊べて、新たなプラモデルを追加するのに課金も必要としないので、暇つぶしに最適なアプリです。

ただひたすらプラモを作るアプリ「プラトモ」を遊びつつ紹介しちゃいます。

無課金で全60種のプラモデルが楽しめる


プラトモを始めるのは非常に簡単で、ダウンロード後に作りたいプラモを選ぶだけ。

プラモを開放するためには、対応したカギが必要で使用すると消えますが、最初から1つずつ持っています。

ステージをクリアすると、また1つずつ手に入るので課金で買うといったことはまったくありません。

全60種のプラモデルが制作できるので、まずは気軽に最初のステージを選んで遊んでみましょう。

スポンサーリンク

簡単操作でプラモを作製、ちょっとしたコツも

ステージを選んだ後は、いよいよプラモデルの作製が始まります。

画面下にはランナーが表示されているので、パーツをタップして切り離し、画面上に持っていきます。

よく見るとが隠されており、はめ込む場所がわかる場合も。

これらはヒントになっているので、パーツと照らし合わして、組み立てていきましょう。

また、画面右上には、ヒントボタンがあります。

動画広告を見ることでパーツを置く場所が表示される、奥の手といったところでしょうか。

どうしてもわからなければヒントに頼るのも手です。

また設置場所に色が表示されている箇所があり、パーツと同じ色のものがはまっていきます。

パーツによっては、はめ込んでしまうと入れられなくなる場合もあるので注意が必要です。

そんな時はパーツを戻すボタンを押して、少し手前まで戻した後に、もう一度よく考えてパーツを入れていきましょう。

プラモを制作するコツは、画面上部のパーツを置く場所に注視するのが大事となります。

完成させるとミニチュアとなり、飾られていきます。

全てのプラモデルを制作すると家が豪華になっていくのも楽しみの1つです。

手軽にプラモが楽しめる

プラトモは、プラモデルが手軽に作れるゲームです。

ちょっとした待ち時間や暇な時に起動してプラモを作ることができます。

本物のプラモデルと違ってゴミがでない、合せ目消しをしない、色を塗らないといった点も嬉しいですね。

完全無料アプリですので、広告はやや多めですが、遊んでいる最中に邪魔になることはありません。

寝る前に作り始めると、夢中になって眠れなくなるので気をつけて下さいね。

ABOUT ME
ヨータロー
ヨータロー
GameFoliage(ゲームフォリッジ)編集長のヨータローです。 面白そうなものは全て遊ぶ雑食ゲーマー。 RPGとpixel art(ドット絵)が大好きなおじさんだよ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です